トレード

FX用語、Pipってどんな物なの?

FXにはPipという単位があります。
これは一体どういった意味なのでしょうか。
初めてこの用語を見るという方はたくさんいると思います。

FXで使われる用語であり、実際にFXをやっている人でないと理解をすることが難しい用語となっています。
しかし、この用語を理解しておくことによって、FXをスムーズにやりやすくなります。
様々な情報を得る時にでも、Pipについて知っておくことによって、色々と役に立つことが多くなるので、できるだけこの用語に関しては理解を深めておくようにしましょう。
これは最小値幅単位のことを表しています。

どういうことかというと、FXでは為替が変動をします。
その時の変動の値幅の最小値を1Pipと定義しているのです。
通過ペアによって、どのような値になっているのかは異なっています。

たとえば、ドル円の場合であれば、1Pipは0.01円となっています。
それぞれの通貨に関して1Pipがどのくらいの値なのかは決められています。
どのような値であるのかは調べればすぐに分かることができます。

どのようにして使われるのかというと、為替が動いた時にはどのくらいPipに変動があったのかという風にして使われることが多くなっています。
Pipを使うことによって、より細かな変動を表すことが可能になっています。
FXに関しては、値動きの変化に敏感に反応をする必要があります。
その時にはPipという単位を理解しておくことによって、よりきちんと値動きを把握することができるようになると考えて良いのです。

Pipを用いてトレードの結果を表すのは最初は分かりにくいと思うことが多いと思いますが、異なる通過ペアに関して比較をする時にはPipの方がきちんと比較することができるというメリットがあります。
Pipという表現になれることによって、FXに関しての情報を集めるときにも、より多くの情報を得ることができるようになります。
Pipについて、自分でもそれを用いて何かを表現することができるようになりましょう。

このページの先頭へ