トレード

FXの予想が外れたときのロスカット設定とはどんな物?

FXでは予想をすることになります。
投資というのは基本的に相場を予想することによって、将来どのように取引をするのかを決めて儲けることになるのですが、その基本はFXの場合も同様なのです。
どのような予想をするのかということが大切であり、その予想が当たるのか、外れるのかによって利益が異なることになります。
そして、予想をする時に重要なことは色々とありますが、その中の一つにロスカットというものがあります。

これをどのように設定するのかによって、将来の利益も異なるでしょう。
ロスカットというのは、自分の予想が外れてしまい、相場が予想外の動きをした時に、なるべく損失を抑えるようにするための方法です。
つまり、リスク管理をしっかりとしたいのであればロスカットを利用するのが良いということになります。

ロスカットでは、自分でラインを決めることができて、それよりも、あなたの持っている通過ペアの相場が下回ることがあれば、すぐ自動的に決済が行われるということになります。
ロスカット設定をしっかりとすることによって、あなたは損失が拡大するのを未然に防ぐことができます。
相場というのは常にチェックをすることができるわけではありません。

相場の変動を見ることができない時は必ずあります。
その時に、相場が大きく変動してしまうと、それへの対処が遅れてしまうことになります。
ロスカット設定をしていないと大変な事態に陥っていたということがありえるのです。
それを防ぐためにロスカットというのは存在しています。

ロスカットではあらかじめ設定を決めることができるので、たとえば、その時間寝ていたとしても、外出をしていたとしても、そこで相場の変動があり、大きく相場が下がったとしても損失というのはあらかじめ決められた額以上になることはありません。
最悪の事態だったとしても、損失は自分で設定をしていた値を上回らないので安心できます。
ロスカット設定は初心者は特に気を付けておくべきことでしょう。

このページの先頭へ